助産師の仕事と適正

看護師の中でも特に専門性の高い仕事である助産師は女性にだけ認められた国家資格です。

助産師は妊娠中の女性、そして出産、出産後の母子のケアを行います。
特に助産師の仕事で大変なのは、これから母親になろうとする女性、そして母親になったばかりの女性のメンタルケアだとも言われています。
ホルモンバランスの変化でナイーブになりがちな女性のケアはとてもデリケートな仕事です。

女性の心によりそい、ときになぐさめ、ときに励ますことが大切です。
出産後の女性は体力的にもイライラしたり、マタニティーブルーや産後うつといわれる状態になってしまうことも少なくありません。
こうしたときに女性を精神的に支えるのも助産師の仕事で、包容力があり、性格的に穏やかな人が助産師に向いています。

性格的な適正以外にも体力も大切です。
生まれたばかりの赤ちゃんは数時間ごとに目覚めて授乳する必要がありますし、そうした場合に何か問題が起こった場合に対応するのも助産師です。
お産はいつ始まるかわかりませんし、いつ終わるのかもわかりません。
こうした自然の摂理に日々向き合い、対応するだけの精神的なタフさも助産師には求められています。
まずは妊娠、出産という特別な時を迎えている女性の信頼を得ることが助産師には求められています。

助産師は看護師の中でも開業という選択肢をもった特別な仕事です。
産婦人科の医師と助産師の違いは医療行為を行えるかどうかということです。
助産師は万が一の事態に備えて産婦人科医と連携することが義務付けられていますし、産婦人科で働く助産師もたくさんいます。
助産師が担当できるのは健康な妊婦だけです。
なんらかの異常が見つかった場合には早い段階で産婦人科医の診療を受けることを進めるなど適切な判断ができるということも助産師には必要なスキルといえます。

お産は今も昔も女性にとって命をかけて命を生み出すとても大変なことです。
生まれてきた赤ちゃんがみんな元気に生まれてくるのが一番よいのですが、そうではないことも多々あります。
そして逆に母親が命の危機にさらされることもあるのです。
助産師の一瞬の判断の遅れが、母子の命を救うことも、落とすことにもつながるということをよく知っておくことが大切です。

助産師になるためには国家資格をクリアしなくてはいけません。
資格を取得し、実際に仕事についてからも常に勉強し続ける姿勢を忘れずにいましょう。
また、資格取得支援が整っている病院に転職して、看護師としてキャリアアップをされる事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です