看護師として求められる適性

看護師と一言でいっても、その仕事は様々です。
担当する診療科、担当する業務内容によって求められるものは違っています。

看護師には一般的に体力やコミュニケーション能力、正確さなど看護学校で学ぶ知識や技術以外にも必要とされる特性がたくさんあります。
一般的な病棟で看護師として働くことももちろん、看護師としてのスキルを磨くためにはとても大切で意味のあることですが、看護師としてある程度の経験をつみ、さらなるステップアップを目指すのであれば、専門的な分野を目指すのもひとつの方法です。

精神科は一般的な診療かの看護師より高いコミュニケーション能力が求められますし、場合によっては興奮した患者によって思わぬ危険な目にあうこともあるかもしれません。
しかし、メンタル面に問題を抱えた患者と向き合うことで得ることも多く、精神科専門看護師として資格を取得し活躍する看護師もたくさんいます。
また、手術室を担当する看護師もオペ室ならではの知識や緊張感を求められる職場です。
体力的にも大変ですし、強い精神力とマネジメント能力が求められる職場です。
テレビドラマなどで取り上げられることも多い救急救命病棟は幅広い知識と経験が求められる職場ですし、出産の現場に立ち会う助産師は妊娠中の女性や出産後の母子のケアを担当するとても大切な仕事といえます。

つまり、看護師といってもいろいろな仕事がありますし、職場によって求められる適性は様々です。
様々な経験を積みながら、自分の目指す看護師としての姿を明確にしていくのもよいかもしれません。

実際に看護師として働き始めてはじめて知る仕事の厳しさや辛さもありますし、逆にやってみたからこそわかるやりがいもあるでしょう。
看護師になった当初とは全く違った診療科を目指すことになるかもしれません。
就職してからあらたに資格を目指して勉強のために学校に通うことになることもあるでしょう。

医療現場の技術の進歩は目覚しいですし、看護師の仕事は常に勉強し続けることが求められる職場です。
日々の厳しい業務の合間をぬっての勉強は大変なものですし、資格取得のために仕事を休んだり、辞めたりする決断をするのはとても勇気のいることですが、向上心をもって仕事に取り組むことは看護師としてとても大切なことです。

看護師としてのスキルを磨き、自分の理想とする看護ができる職場を選んで看護師としての職務を全うしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です